やっぱり辛い!?抗がん剤治療受けてみた〜肺がんステージⅣ編〜

スポンサーリンク
アイキャッチ 肺がん

肺がん3年目になります私りちむーが、今現在も受けている抗がん剤治療について副作用を中心に体験談を記します♪

肺がんステージⅡ(リンパ節転移)の頃に受けた抗がん剤治療につきましてはこちらの記事をお読みください!

副作用や薬の効き目には個人差があり、この記事は私の個人的な体験に基づいたものであることを踏まえてお読み頂ければと思います。

スポンサーリンク

辛い治療を4クール乗り越えたのに…再発・転移でステージⅣへ

きっと今回も異常なし!と思った矢先の出来事

シスプラチン・アリムタの治療が終わり、検査結果もよく、このままがんの寛解となればいいなと希望を持っていました。

3ヶ月に一度のCTとMRI検査、血液検査をし、その結果はしばらく何の異常もなかったのです。

抗がん剤の影響も落ち着き、元気に日常を送っていた矢先、骨と脳にがんの転移肺への再発が認められたのは手術から約一年半が経った頃でした。

転移・再発宣告で自暴自棄に

この宣告を受け、とても混乱しました。死を覚悟もしました。

大学をやめようかなとか、全てをやめてしまい思い切って貯金をはたいて旅行をしに行こうかなとも思いました。それくらい、再発・転移の宣告は20代の私にとって重く人生観を大幅に変える出来事でした。

この頃は本当に自分がどうしたらいいのか分からず、それまで毎日通っていた大学も全て欠席してしまいました。

大学を休んで家にいても、肺がんステージⅣの五年生存率を調べてみたり、標準治療以外の治療法を調べてみたりと不安定な精神状態でした。

しかし、この時にたくさん自分の人生について考えて、今でも大切にしている一つの結論を導き出すのですが、この話はまたいつか他の記事に書こうと思っています。

書きました→がんになって気づいた人生でたったひとつの大切なこと

一筋の光、タグリッソ

副作用で死の可能性!?恐ろしい間質性肺炎

そんな絶望の日々にも一筋の光が射しました。遺伝子検査の結果から、本当に運よく私のがんにあった抗がん剤が見つかったのです。タグリッソという新薬です。

タグリッソには、間質性肺炎という恐ろしい副作用があり、その副作用で死に至る可能性もあることから、病院によるとは思いますが投薬開始から二週間ほど入院が必要です。

退院後も、間質性肺炎を悪化させないように風邪に似た症状があったらすぐに病院に連絡することと主治医に何度も言われました。

服用開始!取り扱い注意のタグリッソ

入院生活も始まり、いよいよタグリッソが服薬開始となり、薬剤師や医師から改めて詳しい説明を受けました。

タグリッソの主な副作用は、間質性肺炎、心電図の異常、貧血など血液の成分の異常、下痢、発疹やざ瘡様皮疹、皮膚乾燥や爪の障害などだということです。

毎日決まった時間に飲むこと、セイヨウオトギリソウという西洋ハーブとの飲み合わせは効能を下げるため禁忌であるということを説明されました。

また、私の病院からは薬自体には触れてはいけないと言われ、手先がかなり不器用な私は苦戦しました笑

小さな水差しを母からプレゼントしてもらい、それに薬を入れてから飲んでいました。

  • タグリッソ

しかし、タグリッソの服薬開始から9ヶ月経った今では慣れてフィルムから直接手を触れずに飲むことができるようになりました。成長したものです…。

思春期ニキビの再来!?

タグリッソを飲み始めて3日が経っても体調も変わらず元気なままだったので毎日のように外出許可をもらい、病院の周辺を散歩していました。

しかし、病室へ戻ってシャワーを浴びようと服を脱ぐと、胸元と背中にポツポツと赤いニキビのようなものが出始めていました。

その数日後、おでこやあごにもそのニキビのようなものが出て、なんだか思春期を思い出して懐かしかったです笑

ちなみにこのニキビのようなポツポツはざ瘡様皮疹というそうで、よくある副作用らしいです。見た目はニキビなのに、途端に難しい名前ですね笑

このころほどひどくはないですが、今でも少しこのざ瘡様皮疹はあります。

下痢と便秘を繰り返す、辛すぎる副作用

他に私が服薬後一ヶ月以内に体感した副作用といえば、下痢と便秘です。

私はタグリッソを夜の時間に飲むと決めているのですが、この時間の後すぐ何かを食べるとすぐに腹痛が起こり、お尻から水が出ます笑

また、下痢が続くと便秘にもなってしまいます、こうなると本当に毎日お腹が痛いです。

この腹痛と下痢と便秘の繰り返しは厄介で、どのくらい厄介かと言いますと、本当に恥ずかしい話ですが、夜に外出していて漏らしかけたことが一回ではありません……

汚い話ですみませんが、恐ろしい副作用の一つだとお伝えしたく、正直にお話ししました。

退院した後も……パワーアップする副作用

入院中は皮疹下痢・便秘以外には特に問題もなく、毎日のように外出許可をもらい、まるで患者ではないような入院生活を送って、無事に退院することができました。

ただ決められた時間にタグリッソを飲むだけなので点滴のシスプラチン・アリムタの時とは違い、本当に楽でした。

しかし、この頃の私はまだ本当のタグリッソの副作用の恐ろしさを知らないでいました…。

血が止まらない!!

退院後すぐに、まだ治らないニキビのような皮疹が痒くて少しかいてしまいました。するとどんどん血が出てきて、一向に血が止まらないのです。

しばらくしたら、血は止まるのですが、タグリッソを飲み始める前と比べたら明らかに血が止まりにくくなってしまいました。

退院後の血液検査でわかったことなのですが、血小板が下がっており、血液を固まらせる成分が足りていないことがわかりました。

これが更にひどくなって輸血をしなければならないほどになるとタグリッソが使用中止になるので、今でも血液検査の結果を見るときはがんマーカーの次に気にして見ている項目です。

足の親指に激痛が…!!

タグリッソを飲み始めてから5ヶ月がたった頃、足の親指の爪が巻き爪になってきてしまいました。

巻き爪は地味に痛くて、靴下を脱ぎはきするだけで激痛が走ります。

なので、今は素足にサンダルを履いてやり過ごしていますが、冬が来るのが怖いです笑

病院の皮膚科では、巻き爪による爪の周りの皮膚の炎症を抑えるための軟膏を処方してもらいましたが、爪の形を変えない限りは悪くなる一方だと思い、民間の巻き爪専門の治療院に通っています。

まとめ

がんが見えないくらい効いた抗がん剤

再発・転移発覚後には異常値を示していた血液検査のがんマーカー値は下がり、今では正常の範囲内です。

定期的に行なっているCTやMRIの画像診断では再発・転移をしたと言われた時に見たがんの影はもう目では見えないほど小さくなりました。

すごいのはこの結果が最近そうなったのではなく、タグリッソを飲み始めて、1ヶ月後にはがんが目には見えないほど小さくなり、9ヶ月経った今ではこの良い状態を維持しているということです。

がんを持ちながら、日常生活を送るという選択

タグリッソは上記のような副作用はあるものの、肺がんステージⅣの患者であるとは見た目では絶対に判断できないと思うくらい、私は毎日楽しく大学生生活を楽しんでいます。

しかしもちろん、これは私の一例というだけで倦怠感や腹痛で辛い思いをされている方もいらっしゃると思います。

タグリッソの効き目が持続するのは平均して一年半くらいだと言われていますが、私はできるだけこの薬が長く効いてくれればなと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました